温泉

有馬温泉
「ぬくもりの湯」「子宝の湯」として
古くから愛される名湯

「日本三古泉」「日本三大名泉」にも名を連ねる有馬温泉。
当館では、特長的な赤褐色の「金泉」と呼ばれる含鉄ナトリウム塩化物強塩泉と、
「銀泉」と呼ばれる弱放射能泉、2種類の温泉をお楽しみいただけます。

有馬温泉の歴史

有馬温泉の歴史は古く、遠く神代の時代、大己貴命(おおなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が有馬の地を訪れた際に発見したのが始まりと云われています。 その後奈良時代に行基により温泉寺が建立され、鎌倉時代に仁西が12の宿坊が開いたのをきっかけに広く人々に知られるようになりました。

その後戦国時代の動乱と二度にわたる大火により一時は壊滅的なダメージを受けた有馬温泉ですが、豊臣秀吉による手厚い保護と援助、さらには大規模な改修工事が行われ、繁栄の時を迎えました。 千利休らを引き連れて大茶会を催し、また「湯山御殿」と呼ばれる豪華な別荘を建てさせ、正室ねねをはじめ側室淀殿や京極殿を連れ立って度々有馬の地を訪れました。

江戸時代を経てもさらに繁栄の一途をたどり、今でも日本を代表する温泉のひとつとしてたくさんの方々にお越しいただき、愛されています。

金泉・銀泉の特長

金泉

特徴的な赤褐色の「金泉」は、鉄分と塩分を豊富に含み、その塩分が肌に付着して薄い膜を作るため、保温・保湿効果に優れています。
環境省が療養泉として指定している9つの主成分のうち、7つもの成分を含む、世界的にも珍しい多くの成分が混在した温泉で、「日本第一神霊泉」と云われるほどです。

「ぬくもりの湯」「子宝の湯」とも呼ばれ、冷え症や慢性婦人病、その他さまざまな効果をもたらす湯として、古来より多くの人々に愛されてきた名湯です。
当館の金泉は決して大きな浴槽ではございません。加水・循環をすればいくらでも大きな浴槽にすることはできますが、あえてしないのは、貴重な源泉をなるべくそのままの濃さで楽しんでいただくため。
ひとたびお湯につかると、体が金色に包まれて見えなくなってしまうほどです。

 

銀泉

檜露天風呂にてお楽しみいただける「銀泉」は、温泉中のラドンから放出される微量の放射線を吸収することで、 身体の細胞を刺激し、免疫力向上、血流の改善の効果があるといわれています。 疲れが取れない、自然治癒力を高めたい、健康増進のためゆっくり休養したい方におすすめです。

ゆったりと足を伸ばしてお寛ぎください。

大浴場ご案内

本館7F、男女1箇所ずつございます(入替なし)

浴槽 内湯岩風呂(金泉)・内湯石風呂(白湯)・露天檜風呂(銀泉)
ご入浴時間 5:00~9:30(木曜日は~9:00)
11:00~14:30(木曜日除く)
15:00~24:30(木曜日は15:30~)
泉質 【金泉岩風呂】含鉄-ナトリウム-塩化物強塩泉
【銀泉檜露天風呂】単純弱放射能泉
泉温 【金泉岩風呂】83.1℃
【銀泉檜露天風呂】33.3℃
一般的適応症 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・関節のこわばり・打ち身・くじきなど
泉質別適応症 切り傷・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病など
備品 シャンプー・リンス・ボディソープ・バスタオル・くし・ドライヤー
(男性のみ)かみそり
(女性のみ)洗顔フォーム・メイク落とし・化粧水・乳液・美容液
管理方式 【金泉岩風呂】
一部循環式かけ流し(金泉の成分が沈殿するのを防ぐため、撹拌を目的に一部循環させています)
※一部加水あり(源泉の温度が高温のため、少量の加水をして温度を下げています)

【銀泉露天風呂】
循環式
大浴場全景
金泉
大浴場内湯
銀泉露天風呂
洗面所
脱衣場
洗い場
女性大浴場金泉

銀泉露天風呂付特別室

プライベートな空間で、お好きな時に温泉を愉しめる限定4室の露天風呂付特別室。
ラドン泉「銀泉」を、源泉100%で引泉しています。
やわらかな湯触りの銀泉を、心ゆくまでご堪能ください。

日帰り入浴のご案内

気軽に有馬の湯を満喫したい方に、日帰り入浴もご利用いただけます。

ご利用時間 11:00~14:30(受付は~14:00) 木曜・年末年始定休
ご入浴料金 お一人様1,100円税込(3歳以上) タオル・バスタオル付

※木曜・年末年始定休
※9/6・12/13は休館日のため臨時休業いたします。
※11/23(木)は営業いたします。代わって11/22(水)を臨時休業いたします。
※駐車場のご用意はございませんので、有馬温泉内有料駐車場をご利用くださいませ。